東洋建設は創業69年 岩国市・大竹市・和木町で、リフォーム・増改築を営む地域密着型の建設会社です 網戸の張替えから増改築まで、お家の事ならお任せください

岩国市のリフォームなら

東洋建設(株)

〒740-0012 山口県岩国市元町4丁目4-13

営業時間
8:00~19:00

※17時以降は打合せ等で電話に出られない場合もございます

お気軽にお問合せください
0120-28-1535

創業69年・東洋建設の経営理念

東洋建設の経営理念

【1】経営目的

最大であるよりも、いかに最良であるかを考え、

小さい会社良い会社に、

良い会社もう少し大きく強い会社にしよう。

★良い会社とは・・・ お客様に喜んで頂くことを一番の目的とし、社員と社長と協力会社の幸せのために、全員が良心に従い最善を尽くす。
★強い会社とは・・・ 適正利益を頂いて、絶対に倒産しない会社をつくり、末永くお客様のアフターフォローに万全を期す。

【2】東洋建設が大事にしていること(その1)

  • 人財は命なり…社員満足と社員教育
    「企業は人なり、人の成長なくして、企業の成長なし。人材育成なくして、企業の永続なし。」
    お客様に直接接して仕事をする社員が、自分の仕事に誇りを持ち、東洋建設で働くことに満足していなければ、お客様に喜んで頂ける質の高い「いい仕事」は提供出来ません。
    そういう考えで、顧客満足より先に社員満足を掲げ、社員教育に努めます。
     
  • 顧客は命なり…顧客満足
    お客様あっての東洋建設です。
    特に、地域密着の私達にとって地元のお客様は「大切な宝物」です。
     
  • 創造は命なり
    常に、新しい知識や技術の吸収に努め、創意工夫をして、ムリ、ムダ、ムラを無くし、
    コストダウンを追及し、お値打ち価格で仕事させて頂きます。
    このコストダウンの追及こそが、お客様の利益と自社の競争力を両立させる最強の武器です。
     
  • 品質は命なり
    高い技術力で、どこにも負けないいい仕事をさせて頂く…これが私達「プロの使命」であり、誇りです。

【3】東洋建設が大事にしていること(その2)

  • 人は、ただ単にお金が有ったら、幸せになれるのでしょうか?宝くじが当たったら、仕事をしなくなるのでしょうか?少し位給料が多くても、こんな仕事はしたくない…ということは有りませんか?

    やはり、お金が全てではないし、お金があっても幸せになれるとは限りません。その理由は、「人間が社会的動物」だからです。
    社会的動物とは、一人では生きられないということですが、誰とでも仲良くなれる訳ではない。同じ考え方、生き方の人間が集まり、共に仕事をする…同士
    そして、自分の存在を同士に認めてもらうことで「生きる喜び」実感したいという欲求があるのです。
     
  • 仕事とは、お金一番の目的で働くのではなく、お客様に感謝され、地域社会に役立つ仕事をしながら、利益を出すことが目的です。
    そして、お金や地位は一生懸命に仕事をした結果、得られるものです。
    (このことを勘違いすると、努力の方向も、将来の方向も歪んでしまい、「貧しい人生」となります。)
     
  • ビジネスマンとしての喜びは、社会に役立ち、やり甲斐のある仕事をして自分を成長させていくこと、そして成果(利益)を出すことです。

    もし、成果が出なければ、どんなに頑張っても、ビジネスマンとして意味は無い。成果が出ないのは、頑張り方が間違っているか、頑張り方が足りないかのどちらかです。
     
  • 300勝投手の鈴木啓示氏が 「グラウンドは道場である」 と言っていたように、社長や社員にとって「会社は自らを磨く道場」と言えます。
    したがって、先ずは、人間として最低限必要な「笑顔の挨拶・礼儀作法・気配り」を勉強することが第一歩で、その次に仕事の勉強です。

    仕事とは、常に高い目標を掲げ、新しいことに挑戦するから、仕事としての価値があります。したがって、「仕事は厳しい」のは当たり前で、その中で、同志と力を合わせて目標を達成し、自分の成長を確認した時に、「仕事の楽しさ」実感できるのです。
     
  • 「仕事を楽しむ方法」は2つ。
    1. 仕事に打ち込むこと。打ち込めば打ち込んだ分、仕事がうまくいくので、楽しくなる。
    2. 人の為に尽くすこと。尽くせば尽くした分、人の喜ぶ顔を見ることが出来るので楽しくなる。

      ​そうすれば、自然と笑顔のなり、元気が出てきます。​お客様は、絶対に笑顔で明るく元気な人に仕事を頼みます。

      ビジネスの原点「笑顔は人一生の身だしなみ」
       
  • 人は皆働いて生活費を稼がなければ、生きていけません。
    1日24時間で、3分の1が睡眠、3分の1が仕事、残り3分の1がプライベートとすると、「会社で仕事をしている時が楽しい」と感じられたら、プライベートも自然に楽しくなり、とてもハッピー。
    でも、仕事が楽しくなかったら、プライベートも楽しくないし、寝ていても悪い夢を見るし、1日中憂鬱で、これって最悪の人生です。
    だから、絶対に仕事からは逃げてはいけません。

    気持ちを切り替え、努力をし、壁を乗り越えて、仕事を好きになって下さい。そうすれば、「新しい人生」が開けます。

【3】東洋建設が大事にしていること(その3)

そのためには、次の7つの指針に沿って行動しなければならない

  • 健康は幸福の基
    人間、何といっても健康が一番です。勿論、体と心の健康です。
    これを手に入れるには、自己管理向上心が必要です。
     
  • 誠実は信用の基
    誠実とは私利私欲ではなく、相手の立場に立って考え行動することです。
    そういう誠実な人は人から好かれ信用されるので、仕事も人生もうまくいきます。
     
  • 努力は発展の基
    仕事をする上で必要な知識を吸収するのは、ビジネスマンの基本中の基本です。ひたすら学んで、自分の知らない世界を知り、自分に磨きをかけ、それを仕事に生かす。

    美味しいものを食べないと、一流のシェフにはなれない。つまり、外の世界を知り、自分とのギャップを知り、そのギャップを縮めようと努力することが大切です。

    そして、今日よりも明日、明日よりも明後日と、一歩づつに汗をかいて努力をすれば必ず道は拓けます。(額:ひたい:ではない)
     
  • 反省は向上の基
    人間は常に反省し、軌道修正するからこそ、向上、進歩します。
    また、反省する謙虚な心を持つ人は、多くの人に好感を持たれ、幸せな人生を送れます。
     
  • 節約は安定の基
    人間、節約するからこそ、貯まり、安定するのです。
    また、節約は「モノを大切にする心、感謝する心」に通じます。
     
  • 同士は喜びの基
    人は、一人で生きることほど「虚しい」ことはありません。
    共に働く同士がいるから、苦しい時も、挫折した時も頑張ることが出来、働く喜びを実感できるのです。
  • 情報の共有と達成感の共有は一体感の基
    • 心配で手も離せない→手は離せても目が離せない→目も離すが心は離れない
    • 指示により動く→自発的に動く→自分で考えて行動する
      …このような社員になるように、共に学び、進化させていく。

人は「やらされる」のでは、力を100%発揮しない。
「任される:まかされる」から、期待に応えようとして頑張るし、期待以上の仕事をする。しかし、「任せる」ことと「放任」は全く違い、これを履き違えてはいけない。

会社は、お客さんに対して最終の責任があり、すべてのお客様が100%満足出来るように管理しなければならない。

そこで、会社が任せても良いと考える社員の条件は、経営理念を共有し、シッカリと「報連相」をすることであり、そうでなければ、任すことは出来ない。
そうすれば、「PDCAサイクル(Plan:計画-Do:実行-Check:評価-Action:改善)」によって、お客様に100%満足して頂き、目標をクリアすることが出来る。
 

その結果、社員全員が達成感を共有し、組織の一体感が生まれる

【4】東洋建設が大切にしていること(その4)

  四季のくすり

人に接する時は 暖かい春の心
仕事をする時は 燃える夏の心
考える時は 澄んだ秋の心
自分に向かう時は 厳しい冬の心


色々と立派(?)なことを書いていますが、現実とのギャップを考えると、本当に気恥ずかしい限りです。

しかし、「有言実行」という言葉もあり、先ずは、現時点での私達の思いを言葉で発信し、全社員が一歩づつ理想に向って努力し、お客様満足度地域一番に挑戦していきます。
勿論、内容については、私達の成長や考え方の変化、時代の変化と共に、修正しながら進化させていきます。

お問合せはコチラ

お気軽にお問合せ下さい

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-28-1535

営業時間:8:00~19:00(17:00以降は打合せ等の為、電話に出られない場合も御座います)